医療脱毛とは?

脱毛の方式で人気が高い医療脱毛とは、レーザーを使用して毛が生えてくるもととなっている毛乳頭を壊していき、脱毛する方法です。毛周期に合わせて施術を行うため、1度や2度で脱毛ができるわけではなく、約1年半くらいの期間をかけて、少しずつ減毛していきます。レーザーは黒い色素に反応するため、毛に直接作用します。
また医療脱毛はその名の通り医療行為にあたるため、皮膚科の専門医が行います。そのため、脱毛サロンではなく、クリニックで施術を受けることができます。

医療脱毛で期待できる効果

医療脱毛はクリニックなどで行われる医療用のレーザー脱毛器を使用して行われる脱毛方法で、比較的少ない回数や短期間で効果を実感しやすいという特徴があります。1回あたりの施術で全体の20%の脱毛を行えるという理論になり、体質や毛の量にもよりますが人によって1、2回施術を受けただけで減毛を感じる場合もあるため、カウンセリング時にどれくらいかかるか目安を聞いておくのも良いでしょう。
きちんと全身脱毛するのであれば決められた回数通う必要はありますが、1回の施術だけでも毛量が減少したり脱毛後の自分の抜け方が分かるため自分の毛周期を把握しやすいというメリットもあります。
また、医療用のレーザー脱毛はワキなどの太い毛や細い毛、VIOといった太さを問わず様々な毛に対応しているため、毛が太くてなかなか効果を実感することが出来なかったという方も満足できる可能性が高くなります。短期間で効果が出やすいため、早く脱毛を完了したいという方にもおすすめの方法と言えるでしょう。

医療脱毛がおすすめの人

医療脱毛は、少ない回数で脱毛を完了させることができるので、忙しい人におすすめの脱毛法になります。また、早くムダ毛の悩みを解決したいという人にも、短期間で完了させることができるので向いており、肌の弱い人にもおすすめです。
肌がデリケートな人になれば、脱毛を受けるにも不安があるものですが、医療脱毛であれば医師がいる場所でもあるので、診察やカウンセリングで相談しながら自分に合った施術を受けることができます。また、痛みが発した時には麻酔を処置してもらうことも可能です。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛のメリットは高い効果を得ることができる点にあります。いわゆる「永久脱毛」というフレーズは医療脱毛だけが使用することができます。最近増えているエステ脱毛は医療用レーザーに比べて低い出力の光を照射して脱毛を行うため、「永久」という標榜を使用することはできません。
ただし、医療脱毛にもデメリットはあり、それは刺激の高さです。出力の高いレーザーを使用するため、エステ脱毛に比べて施術時の痛みは強めになりますが、最近では肌への刺激を抑えた機器も多く開発されてきています。